スポンサーリンク

仮想通貨って言う物に手を出してみたくなったお話

スポンサーリンク

お疲れ様です。まさです。

最近暖かい日が続いてますね。あまり雪が降らない地域柄ですが、春は待ち遠しいものです。

さて今日は仮想通過について書いてみたいと思います。ただし私まったくの初心者!知識ゼロからのスタートなので暖かく見守ってください。もし「ココ違うよ、間違ってるよ」ってお気づきの方、やさしく教えていただければ幸いです。

色々と副業はあるのに、なぜ仮想通貨なのか?

うーん、なぜでしょう。まぁ元々興味はあったんですよ。ただFXは難しそう(似たような感じだけどね)株はもっと難しそうって思いこんでるのでね。

選んだ理由は

  • 小額から始められる。
  • 通貨の種類も多くチャンスが多い
  • 未だ発展途上

まぁなんとなーく面白そうって思ったのが一番の理由ですかね。

私は基本的にギャンブルは止めたのですが、これもギャンブル性は多分に含んでますね。コンスタントに収益が出せるようになるのは、先の話でしょうがお小遣い程度には稼いで見たいものです。

仮想通貨って?

仮想通貨とは、私の現在の知識では現実に存在しない「お金」。円やドルのように現実にお札として、コインとして存在しないけど、「お金」としての価値がある物と認識しています。仮想通貨もゲームに課金するのと同じように購入して、株やFXの様に取引し収益をだす物っと思ってます。

色々調べてみると、暗号通貨と呼ばれていたり、英語では「Virtual Curency」と呼ばれたり、難しい言葉が出てきたりと入り辛い印象です。でも簡単に言えば、暗号化されたデジタルな通貨を取引しようぜ!って事だと思います。

円やドルは国の中央銀行が管理し、価値を保証してますが、仮想通貨には特定の国や機関が存在しません。それ故、需要と供給のバランスによって市場価値は大きく変動し、世界各国にある様々な取引所で、数百円から投資が可能になっています。

2017年4月に執行された「改正資金決済法」に仮想通貨の定義が記されています。

ビットコインとは?

仮想通貨と言えば、ビットコインと言うくらい有名な仮想通貨ですね。仮想通貨や暗号通貨について興味ない方でも、ビットコインと言う言葉は知っている方も多いのでは?

ビットコインとは2008年10月に中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物により提唱され、2009年に運用が開始されました。

ビットコインは従来の管理者が任意で通貨を発行する仕組みではなく、peer to peerの仕組みを利用し発行、取引されます。

発行枚数の上限は2100万枚で、有限であるとされています。。ビットコインは数千種類ある仮想通過の中で、時価総額がもっとも高額で取引される事から仮想通貨の代表格と言ってもいいでしょう。

現在1BTC(ビットコインの単位)の価値は約43万円にもなってるみたいですね。(2019/2/23)

どうやって始めるの?

仮想通貨交換業者に口座を開設することで始められます。GMOコイン、DMMなんかが仮想通貨交換業者みたいです。

案内にしたがって入力し、最後に身分証明書を添付して送信するだけなので、入力は10分も掛かりません。ですが週末と言う事もあり審査にしばらく掛かるみたいですね。本日日曜日に登録したのでしかたないですが…。

でもこれが一番悩みました。仮想通貨交換業者をネットで検索すると沢山ありすぎる!

「日本の取引所は扱える仮想通貨の数が少ない」「一社に絞らず、複数の取引所を使え」等聞きますが、右も左も分からないので、とりあえず大手っぽいGMOコインで開設してみたいと思います。うーんチキンっぷりが発揮されてますが、初心者なのでいいでしょう!

選んだ理由は

  • いろんな紹介サイトで1位だった。
  • いろんな手数料が無料っぽい
  • 大手みたいだから安心。

安易な選び方です!だって何も分かんないので。まぁとりあえずココで慣れてから色々他社を見てみようかなっと思ってます。

GMOコイン開設の注意点ですが、身分証明に免許をスマホで撮って添付するとサイズが大きすぎると言われました!

注意の使用も無いわけですが、PCサイトじゃなく携帯サイトでやれば問題ないのかな?だってスキャナで取り込むのめんどいし…。

という事で次回は口座開設後のお話…時間があれば実際に売買してみたいなぁっと思ってます。

 

コメント