スポンサーリンク

2泊3日ユニバ経由山口県行きの旅 3日目

スポンサーリンク

2泊3日ユニバ経由山口県行きの旅 3日目

3日目は朝食を済ませたら、荷物をまとめて宮島へ。車からすべてを降ろしたわけじゃないのにすごい荷物です。旅館の方々がとても親切にお見送りしてくださり、宮島への行き方など色々教えてくださいました。本当にありがとうございます。

スポンサーリンク

宮島へ

宮島口の駐車場事情

さて宮島へはフェリーで渡りますが、観光で行く場合よほど目的が無い限り車は本土へ置いていくと思います。そこで問題となるのが駐車場です。

参照;宮島口駐車場案内

私達は朝が早かった(9時頃だったと思います)おかげで、上記地図の①のエリアに置くことができました。ですが駐車場は日曜日という事もあり、すでに満車のところもあったりとなかなかの混みっぷりです。

宮島口の駐車場は大きく分けて、線路の海側、山側に分かれます。海側ならフェリー乗り場まで徒歩で5分くらい、場所によりますが山側なら約10分程度。

金額ですが、海側は1000円前後、山側は1000円以下が目安です。平日は少し値段も下がるみたいです。

宮島観光

宮島へはフェリーで約10分間の船旅。子供達も人生初の大きな船に大はしゃぎです!来てよかったなぁーっと思えます。宮島フェリーは海からの鳥居が良く見えるのも魅力の一つ。

ガラス越しなので画像が荒いです。干潮の時は鳥居の足元まで歩いていけるので、タイミングがあえばぜひ行ってみてください。200m弱くらいですが、汚れても良い、歩きやすい靴じゃないとちょっと大変かも。

宮島ですが、奈良公園みたいにそこらじゅうに鹿がいます。フェリー乗り場降りたらすぐ鹿がいます。上の子は怖がりつつも興味深々。鹿を見つけると騒いでました。楽しそうでなによりですが、隙をみせるとすぐやってくるので、お土産を取られないように注意しましょう。ベビーカーにぶら下げている物も狙ってきます。

揚げもみじ、揚げたて初めて食べました。めっちゃ熱いけど、これは美味しいですね。

参照;宮島観光協会

宮島は小さいようで、広いです。舗装されている道ばかりではないので、歩きやすい靴で行きましょう。きっと全てを見て回ろうと思うと1日かかってしまうでしょう。今回は時間も無かったので、もみじ谷のロープウェーも水族館も行かれませんでした。

スポンサーリンク

愛知県へ帰ろう!

宮島観光を昼過ぎに終えて、愛知県へ向けてドライブです。帰りは得に急ぐ用事もないのですが、夜遅くに着くと子供達のお風呂の問題もあるし、疲れも溜まってると思うので早めの帰宅としました。Google先生も所要時間6時間超えですね。帰りは今年3月にできたばかりの新名神の宝塚北SAによって見たかったのですが、渋滞してたのでスルー。また行く機会もあるでしょう。晩御飯は大津で食べることにしました。

ガラス張りのレストランからも琵琶湖の夜景が見えます。施設内には551も入っている珍しいSAです。そしてSAの活気があって居心地がいいSAでしたよ。

スポンサーリンク

まとめ

2泊3日で山口県まで行ってきました。途中ユニバに行ったり、帰りに宮島に寄ったりと長時間の移動の間に子供も楽しめそうで、大人も楽しめるイベントを入れてみました。帰りに寄った宮島は、厳島神社と表参道を歩いただけですが、鹿やフェリーと娘にとっては大イベントだったようで、本当に行ってよかったなと思う事ができました。

今回の行き先も大人だけなら余裕ですが、子供2人連れて行くとゆっくり見て回る事は厳しい上に、子供の体力も考えて2泊としました。ほんとは3泊したかったのですが、休みの都合的に2泊になってしまいました。下の娘は0歳(11ヶ月)、上の娘は2歳と11ヶ月なので、車の遠出はこのくらいが限界かなと感じました。下の娘が一人で食事や歩行が可能になれば、また変わってくるでしょうね。今は施設内の移動も車も座ったまま、もしくは抱っこでなので、ストレスが溜まると思います。SA内にもキッズスペースや、子供の遊び場がもっと増えてくれればと思う今日この頃です。

旅行
スポンサーリンク
まさをフォローする
スポンサーリンク
パパと娘と時々妻

コメント