スポンサーリンク

〔BRITISH GREEN〕ブライドルレザー胸ポケットサイフ

スポンサーリンク

お疲れ様です。まさです。

外出時に絶対持ち出す物って何がありますか?

多くの方は財布、スマホを挙げる事でしょう。何を当たり前の事を!?と思うかもしれませんが、そのとき財布はカバンの中ですか?それともポケット?

私は最近ポケット派になりました。上の娘が生まれた頃はカバンの中でした。手提げ持って歩くと当たり前ですが片手がふさがります。子供が一人だといいのですが、下の子も生まれて歩くようになると、どうしても荷物も増えてきます。そして片手は子供と手を繋いだりしてると、もう手いっぱいなわけですね。リュックの中とか考えましたが、取り出すのが大変!

という訳で小さい財布を探してみました。

スポンサーリンク

〔BRITISH GREEN〕ブライドルレザー胸ポケットサイフ 詳細

ブランド;BRITISH GREEN

グレンフィールド株式会社が取り扱っているこちらの財布は、ブライドルレザーを内側にも使用した経年変化が楽しめる美しい仕上がりです。

ブライドルレザーはイギリスで1000年以上続く伝統の製法で、元々は馬具に用いられていたとか。革にロウを塗りこむ事で引き締め、耐久性が増します。購入当初はロウが白く浮いていますが、使用していくうちに革に馴染み、光沢に変わっていきます。優しい革の手触りと堅牢さの両面を持ち合わせた技法です。

こちらのBRITISH GREENの財布も、購入当時はロウが白い部分がありましたが、今では馴染んでいます。

 サイズ感

大きさはカードより一回り大きい感じ。このコンパクトさが胸ポケット財布と言う事ですね。

厚みは何も入ってない状態で、20㎜と三つ折財布にしては比較的薄いです。ただしポケットの中では存在感がありますね。

サイズ;92㎜×80㎜×20㎜(実測)

見開きの片側はメッシュポケットになっています。定期やIDなどご利用に。

そしてボタンが2箇所あるのがいいですね。元が薄いのでちょっとカードや小銭を多めに入れると、すぐ膨らんでしまいます。そんなときは一つ手前のボタンで留める事ができます。これはなかなか考えられてるなーと関心ポント。

まぁこの手の財布は小銭もカードも、必要最小限しか入れない設計ですからね。でも不意にオツリが細かくなってしまう事や、現金オンリーのお店もあるので、この親切設計はありがたいです。

カードスロットは中央に3枚。右側に小銭入れ、その裏にポケットが1つです。

ちなみにカードは最大4枚収納できますが、4枚収納して100円硬貨を5枚収納するとギリギリ、奥側のボタンで収まります。これにお札を数枚入れると、手前のボタンの出番です!

スタイリッシュに使いたいのであれば、カードは3枚以内、小銭は極力持たないように厳選する必要がありますね。

こちらはお札入れ。小さい財布には珍しく、お札を折らずに収納できます。この「折らずに」と言うのはビジネスの世界では以外に重要らしいです。私は、現在の職業柄あまり現金を扱わない、そしてお客様の前で現金を出す機会が無いので、まったく気にしてなかったのですが、気にする方は気にされるそうです。

大きさはホントに小さいですね。名詞入れより一回り大きい程度、厚さも何も入れなければ、名刺入れより気持ち厚いかなって所です。

使ってみてよかったところ
  • コンパクトながら財布らしい佇まい。
  • お札に折り目が付かない
  • 小銭も一緒に持ち歩ける。
イマイチだったところ
  • ポケットでの存在感(タイトなパンツでは気になる)
  • カードの収納力がイマイチ
スポンサーリンク

〔BRITISH GREEN〕ブライドルレザー胸ポケットサイフ まとめ

最近はこの財布を使ってますが、コンパクトで使い勝手は悪くないです。ただし、カードの収納力が一番の不満。それは分かってて買ったので言い訳ですけどね。断舎利がなかなか…。カード3枚は少しキビシイですね。せめて5枚は収納欲しかったです。

小銭入れは正直予備と割り切った方がスマートに使えます。仕方なくお札で支払った時のお釣用として私は使ってます。小銭を多き入れるとすぐ形が膨らんでしまいますね。

こちらの財布ですが、今はニューモデルが出ているみたいです。気になる方はチェックしてみてください。

コメント